まちだの市
渋谷相続士事務所
シブヤソウゾクシジムショ
042-729-2980
自宅不動産の相続や終活・介護予防などの心配事はありませんか?
コンサルタント業:
セールスポイントは、メニューに示すコンサルティングを、当事務所の代表者が全て一人で(=ワンストップで)行うことです。代表者の多数の職歴を生かします。
コンサルティングメニュー:マンション管理組合運営支援、不動産相続・事業承継支援、不動産賃貸経営支援、小学校英語授業支援、シニアからの介護予防・健康維持の初級英会話の企画講師
所在地 町田市森野5-25-55 【地図】
電話番号 042-729-2980
FAX 042-729-2980
URL http://www.b-mall.ne.jp/company/businessconsul1964/
E-mail businessconsul1964@amail.plala.or.jp
代表者 渋谷 弘
企業内容 メニュー:マンション管理組合運営支援、不動産相続・事業承継支援、不動産賃貸経営支援、小学校英語授業支援、シニアからの介護予防・健康維持の初級英会話の企画講師
*相続士は、NPO法人 日本相続士協会の登録商標です。
店舗情報 メニューに示すコンサルティングを、当事務所の代表者が全て一人で(ワンストップで)行います。
代表者の資格:町田商工会議所登録専門家、相続士、ファイナンシャルプランナーAFP、宅地建物取引士、マンション管理業務主任者、小学校英語指導者
代表者の職歴:相模原市役所、建設会社、不動産資産経営会社、在日米陸軍建設部隊(キャンプ座間)、町田市街づくり審査会委員・環境審議会委員、有名英語試験面接委員
小学校英語授業の調整役の必要性
13.5.10 金曜日

ALT(外国語指導助手)のいる小学校英語授業の内容をいかに充実したものにするかは、授業前までの調整を、ALTと担任先生がいかに行うかだと思います。しかし、多くの学校ではそのような調整をする時間は無いのが現実です。先生方は非常に多くのお仕事を抱えているのです。このような現実を打開する一つの手法として、外部に調整役を委託するのもよいのではと思います。

実際のご支援では、日本語ができないALTの通訳を授業中に行うこともありますが、結構きつい場面もあり、ヘロヘロになることもあります。一方で、授業中に私が困って、何とか英語でALTと意思疎通をしようとしている姿を生徒に見てもらうことは、別の視点では大変に良いことだとも思います。

 

相続問題体験談の無料出張セミナー
13.5.04 土曜日

相続問題は、法律などの理屈では解決できない”感情の問題”です。本当に役に立つセミナーは、法律の一般論ではなく、”他人の体験談”です。”そんなこともあるのか”という、おもしろい内容です。

当事務所では、回数無制限の相続問題体験談の無料出張セミナーを始めました。開催の最低人数は1人からです。場所のみ、お客様のご負担でご用意ください。

体験談セミナーの項目の一部を下記にご紹介いたします。

1.金融機関の手続きの実情

2.弁護士との付き合い方・接し方

3.税務署との相談の仕方

4.依頼する税理士は相続と不動産の専門家を選ぶ

5.遺産分割協議では譲ることを第一に心掛ける

6.調整役の必要性

マンションの購入にあたってご確認していただきたいことがります。
13.4.24 水曜日

マンションの購入にあたってご確認していただきたいことがります。

銀行ローンの比較検討の結果、晴れて購入をご決断される前に少し先の情報を入手していただくことで、その後のマンション生活がより良いものに繋がるからです。

理由は、マンションを購入すると管理組合の組合員に強制的になり、管理費などの負担や理事などの役員になればその仕事が待っているからです。購入時、不動産会社の重要事項説明では、管理費の負担や管理組合規約などが説明されることとなっていますが、管理組合の運営状況なども突っ込んで聞いていただき、ご理解をしていただくのがよろしいと思います。できましたら、重要事項説明の前に情報を入手するのがベストです。

これは、日ごろ、マンション管理組合のトラブル解決のご支援をしていることから思うことです。

 

住宅用地の底地買収価格の交渉
13.4.20 土曜日

借地権を所有して住宅を建て長年居住しているお客様が、土地所有者から、相続税納税資金の捻出のために底地を売却したいという事案の価格交渉のお手伝いをしています。市場価格の相場は調査しますが、契約書や長年の経緯を含め、最終的には駆け引きの世界で決まることもあるものです。

公共工事受注建設会社様の評価向上のご支援をしています。
13.4.19 金曜日

公共工事の落札後は、工事の完成まで気を抜けない日々が続きます。最終段階は役所の検査ですが、どのように評価されるのかは心配がつきものでしょう。工事の評価方法はその基準に従って適正になされなければなりませんが、建設会社様からの対策には限界があります。そこで、役所の工事担当者として、どのような視点で評価していたかの経験をお伝えできれば、建設会社様の日頃の施工管理にもお役に立てられると思います。また、入札時の書類の中で、「簡易な施工計画」がありますが、施工上の工夫点の作成など、書類が多く、建設会社様の大きな手間ともなっています。このような場にも、アイデアを出すことなどのお手伝いをすることもできます。当事務所の代表は、建設会社と役所の両方の立場の職歴を持っていますので、是非、ご活用ください。

156 - 160件 (全169件)  << First <<1... 3031323334 >> Last >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
相続士 (2)