まちだの市
Office CPSR ~臨床心理士・社労士事務所~
オフィス シーピーエスアール リンショウシンリシシャロウシジムショ
03-6384-7472
ストレスチェック休職相談・メンタルヘルスに強い社労士事務所
中小企業のメンタルヘルス専門の社労士事務所

企業の組織活性化ができる、日本唯一の臨床心理士・社労士事務所です。

「頑張る人がより頑張れる環境を作りたい」
「退職者を減らしたい」
「顧問弁護士・社労士はいないが労務リスクが怖い」
「休職している社員について相談したい」
という方は是非お問い合わせください。
03-6384-7472(平日9時~18時受付 初回無料です)
所在地 東京都町田時中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
電話番号 03-6384-7472
FAX 050-3312-6880
URL http://cp-sr.com
E-mail info@cp-sr.com
代表者 植田 健太(臨床心理士・社会保険労務士)
企業内容 経営者向け カウンセリングサービス
店舗情報 Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は東京都町田市で中小企業のメンタルヘルス対策を行うプロフェッショナル事務所です。日本唯一の臨床心理士と社労士の資格を持ったアドバイザーが、休職者の復職プログラム構築、残業問題の防止などの問題を解決いたします。メンタルヘルス対策に特化した社労士事務所です。
"2015年01月"の検索結果
ストレスチェック義務化で労災認定が増えるのか?【経営者向け】
15.1.28 水曜日

【経営者向け・本日の記事を更新しました】
ストレスチェックは適切に実施すれば、企業活性化の第一歩となります↓

企業に義務化されたストレスチェック

2015年12月より安全衛生法の改正ですべての企業にストレスチェックの実施が義務付けられました(50名未満の事業所は努力義務)。

続きは...↓
http://cp-sr.com/archives/2066

 

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。


業務案内はこちらをご参照ください。

 

 
↑クリックでWeb問い合わせフォームが開きます

今月は無料個別相談会を実施しています。日程はこちらより個別相談会日程希望と入力ください。その他お問い合わせもこちらよりお願いいたします。

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com  

うつで復職してきた部下の配置転換のメリット・デメリット【管理職向け】
15.1.26 月曜日

【管理職向け・本日の記事を掲載しました】
部下の復職時の配置転換の考え方についてです。

主治医からの診断書に「異動が望ましい」と記載されていました

うつ病をはじめとしたメンタルヘルス不調で休んでいた部下から、ある日復職可である旨の診断書が提出されてきました。そこにはもう一文「異動が望ましい」と書かれてあり、対応に悩んだ管理職は当事務所へ相談に来られました。

配置転換は働く環境を一新することになるのでメリットとデメリットがあります。

配置転換のメリット

続きは...↓
http://cp-sr.com/archives/2059

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。


業務案内はこちらをご参照ください。

 

 
↑クリックでWeb問い合わせフォームが開きます

今月は無料個別相談会を実施しています。日程はこちらより個別相談会日程希望と入力ください。その他お問い合わせもこちらよりお願いいたします。

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com  

組織活性化の第一歩として、まずはこちら  からお問い合わせください。

↓日本唯一の当事務所について知りたい方はこちら  
 
こころと法律の専門家です

STOP!転倒災害プロジェクト2015が始まりました【経営者向け】
15.1.22 木曜日

 

 


【経営者向け・本日の記事を掲載しました】
転倒災害死は実は交通事故よりも多く発生しています。社員を大切にするのは経営の基本です

厚生労働省1月20日発表

厚生労働省は、1月20日より「STOP!転倒災害プロジェクト2015」を開始すると発表しました。

このプロジェクトでは、転倒災害の多い2月と全国安全週間準備月間である6月を重点取組期間として、安心して働ける職場環境の実現を目指すとのことで、以下のような取り組みをするそうです。

  1. 業界団体などに対する職場の総点検の要請
  2. 都道府県労働局、労働基準監督署による指導
  3. STOP!転倒災害特設サイトの開設
  4. 労働災害防止団体などによる支援

    続きはこちらから↓
    http://cp-sr.com/archives/2046

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。


業務案内はこちらをご参照ください。

 

 
↑クリックでWeb問い合わせフォームが開きます

今月は無料個別相談会を実施しています。日程はこちらより個別相談会日程希望と入力ください。その他お問い合わせもこちらよりお願いいたします。

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com  

組織活性化の第一歩として、まずはこちら  からお問い合わせください。

↓日本唯一の当事務所について知りたい方はこちら  
 
こころと法律の専門家です

カラテカ入江さんに学ぶマネジメント力
15.1.14 水曜日

男性の写真

昨日、株式会社ウエブトラスト様からのお誘いで、カラテカ入江さんの講演を聞きました。

当方も少しだけ運営のお手伝いとして参加させていただきました。

普段は人事系のや法律系、心理系のセミナーや講演を聞くことが多いのですが、吉本興業の芸人さんの講演もいろいろと気づかされることもあり大変ためになりました。

特にコミュニケーションの部分では、以前の記事

「注意・指導がパワハラになっていませんか?」

でも紹介したのですが、部下への指導(入江さんのお話では後輩への指導)の際には、上司というのは細心の注意が必要です。

入江さんは注意するときに、

「駄目じゃないか」

ではなく

「お前らしくないぞ。どうした」

と指導するそうです。これは、相手の人格・能力を認めた上で、行動を指摘しているので、とてもマネジメント論としても理にかなっていると感じました。

また、仕事をアサインするときは、

「よろしく頼むよ」

ではなく

「力を貸してくれ」

と頼むそうです。これも言われた方の気持ちになると、どちらがやる気が出るか、コミットメントするかは明白です。

普段とは違う芸能界という世界での話でも、今の業務につながるなぁと大変勉強になりました。思わずサイン入りの本も買ってしまいました。

今後とも幅広く、勉強していかないといけないなと気づかされた1日でした。

男性の写真

Author Profile

植田 健太(うえだ けんた)
植田 健太(うえだ けんた)
企業向けメンタルヘルス対策アドバイザーの傍ら、大学での講師も務める。
臨床心理士と社会保険労務士を併せ持ち、東証一部上場企業での人事経験があるのは日本唯一である。

“しゃべるすぎるカウンセラー”とも呼ばれている。

http://cp-sr.com
1 - 4件 (全4件)