まちだの市
Office CPSR ~臨床心理士・社労士事務所~
オフィス シーピーエスアール リンショウシンリシシャロウシジムショ
03-6384-7472
ストレスチェック休職相談・メンタルヘルスに強い社労士事務所
中小企業のメンタルヘルス専門の社労士事務所

企業の組織活性化ができる、日本唯一の臨床心理士・社労士事務所です。

「頑張る人がより頑張れる環境を作りたい」
「退職者を減らしたい」
「顧問弁護士・社労士はいないが労務リスクが怖い」
「休職している社員について相談したい」
という方は是非お問い合わせください。
03-6384-7472(平日9時~18時受付 初回無料です)
所在地 東京都町田時中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
電話番号 03-6384-7472
FAX 050-3312-6880
URL http://cp-sr.com
E-mail info@cp-sr.com
代表者 植田 健太(臨床心理士・社会保険労務士)
企業内容 経営者向け カウンセリングサービス
店舗情報 Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は東京都町田市で中小企業のメンタルヘルス対策を行うプロフェッショナル事務所です。日本唯一の臨床心理士と社労士の資格を持ったアドバイザーが、休職者の復職プログラム構築、残業問題の防止などの問題を解決いたします。メンタルヘルス対策に特化した社労士事務所です。
"2015年02月"の検索結果
職場でのコミュニケーションを促進させる一つのコツ【働く人向け】
15.2.09 月曜日

女性の図

人とのコミュニケーション

職場にはいろいろな人が存在します。友人の集まりというわけでもないので、当然相性が合う人も合わない人も存在するでしょう。
ある調査では、職場のでストレスの第一位が人間関係という調査もあります。働くうえで職場でのコミュニケーションはとても大切といえるでしょう。
職場でのコミュニケーションを円滑にするために、コミュニケーション研修の依頼を受けることがあります。その際に、Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所では、あるポイントを必ず伝えることにしています。

職場でのコミュニケーションを円滑にするコツ...続きは↓

http://cp-sr.com/archives/2169

単なる落ち込みとうつ病はどう違うのか【働く人向け】
15.2.06 金曜日

困った女性の図

うつ病と聞いても驚かない時代になってきました

最近マスコミなどでもうつ病という言葉を聞くことが珍しくなくなってきました。うつ病はこころの風邪というキャッチコピーが功を奏したのか、きちんと治療さえすれば治るという認識も広くなってきたように思います。

また、職場でもあの人うつだってといった会話を聞くこともあるかと思います。

うつ病と落ち込みの違いは?

さて、一般的には、なんとなく暗くなるというイメージのうつ病ですが、われわれが日常体験している、落ち込みとどう違うのでしょうか?

うつ病とは、DSM-Ⅴというアメリカ心理学会の診断基準によると、抑うつ障害・うつ病性障害(Depressive Disorders)と呼ばれるものをさします。

医師による診断書では、「うつ病」と記載されることが多いです(落ち込みの状態は、うつ状態と記載されることが多い)。

続きは...↓

http://cp-sr.com/archives/2165

休職を繰り返す部下への対応のポイント【管理職向け】
15.2.05 木曜日

女性の図

メンタルヘルスの相談で実は多いのは…

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所では、メンタルヘルス対応の相談を多く承っています。その中で多いのが、実は休職を繰り返すケースです。

  1. 社員がメンタルヘルス不調でお休みをする
  2. 戻ってきたと思ったらまた何日かするとぽつぽつと休み出す
  3. また休職する
  4. もう大丈夫ですと復職する

を繰り返すケースです。

続きはこちら↓

http://cp-sr.com/archives/2162

派遣元にもセクハラ防止義務があります【経営者向け】
15.2.03 火曜日

困ってる女性の図

ある日セクハラ問題が明らかになりました

セクシャルハラスメント、いわゆるセクハラ問題が発生したとき、経営者は迅速かつ適切に問題に対処することが求められます。従業員を守るためにも、会社を守るためにもきちんと対処しなくてはなりません。

派遣先と派遣元の責任は?

さて、派遣労働者に対するセクハラの場合、実際に働いている場所は派遣先企業になります。派遣先企業でセクハラ防止策はもちろん必要ですが、派遣元はどうなのでしょうか?

ある裁判例(大阪高裁平成25.12.20)を例に説明します。

続きは...↓

http://cp-sr.com/archives/2153

どうしてメンタルヘルス対策をするのか?あべこべにならないために【経営者向け】
15.2.02 月曜日

女性の図

メンタルヘルス対策をしないとリスク

当事務所では、企業向けメンタルヘルス対策の研修をしている時にしばしば、労災の企業リスクについてお話しします。そのおかげで、リスクヘッジのためにメンタルヘルス対策をしようと考えてくれる経営者も増えてきました。

しかしながら、もちろんリスクヘッジも大切なのですが、当事務所でいつもお伝えしているのは、どうして労災をなくすのか?どうしてメンタルヘルス対策をするのかを考えて下さいということです。

会社として、訴訟などのリスクがあるから労災をなくす、あるいはメンタルヘルス対策をするというのは一見間違っていないのですが、本来の目的とは実は少しづれています。

続きは...↓

http://cp-sr.com/archives/2147

1 - 5件 (全5件)